ブロックチェーンの仕組みを解説!

こんにちは。ばんばんです。

仮想通貨を語る上で避けては通れないのがブロックチェーンです。仮想通貨の価格や実用性ばかりが注目されていますが、ブロックチェーンのほうが重要です。現状では仮想通貨は投機商品のような扱いですし、今後もその傾向は続くでしょう。

ブロックチェーンはあらゆる場面で実用化の可能性があり、この技術のおかげでなくなる仕事も存在するほどです。

今回の記事では、ブロックチェーンについて簡単に解説し、どのような場面で実用化できるのか、具体例を見てみましょう。




ブロックチェーンとは「分散した台帳」 中央管理者が不要なシステム

ブロックチェーンは「分散した台帳」と例えられます。いくつかのデータを固めたもの(ブロック)を繋いで管理する(チェーン)ので、このように呼ばれています。

お金のやり取りを例にして考えてみましょう。

お金は政府が発行しており、銀行が管理していますよね。あなたが誰かに送金した場合、その記録は銀行の台帳に書き込まれます。これが従来のシステム(中央集権)です。

この仕組だと、

  • 銀行が経営破綻した場合
  • 銀行の職員が横領した場合
  • 銀行のデータが消失した場合
  • 銀行が信頼されなくなった場合

には、あなたの預金はなくなってしまいます。中央に依存しているからですね。

ブロックチェーンは世界中のサーバーにあなたの取引履歴を記録するのです。保管場所を分散しているので、どこか1つが壊れたりハッキングされても、他のサーバーにデータが残っているので大丈夫です。

ブロックチェーンは個人間でのやり取りを可能にする

ブロックチェーンは中央管理者が不要なので、個人間でのやり取りを可能にします。

従来のシステムでお金を誰かにあげようとした場合、銀行の台帳に記録を書き込みます。第三者機関(銀行)を経る分時間がかかり、手数料が取られます。

従来のシステムで送金する場合

Aさん→銀行→Bさん

銀行を経ているので時間と手数料がかかる

国際間で送金する場合、高い手数料を取られる上に数日かかる場合があります。

ブロックチェーンは中央管理者を必要としないので、個人間で直接送金することができます。迅速に処理ができる上に、手数料も格安か場合によっては無料になります。

ブロックチェーンで送金する場合

Aさん→Bさん

直接送金することができるので時間も手数料もかからない

送金した記録は世界中のサーバーに保存されるので、改ざんもできませんし消えません。この機能はあらゆる仕事に応用できます。

ブロックチェーンを応用する例 不動産売買

不動産売買をする場合、家を売る側と買う側の間に仲介業者や弁護士(第三者機関)がいますよね。彼らが契約の代行をしてくれて、信頼を担保しているのです。

ブロックチェーンを不動産売買に応用すれば、買い手と売り手を直接つなぐことができます。

  • 不動産の情報をブロックチェーンに書き込む
  • 買い手は必要な契約をブロックチェーンに記録する
  • 契約はすべて自動化され、改ざん不可能なデータとして残る

契約の信頼性を第三者機関に頼っていたわけですが、ブロックチェーンがそれを代行します。煩雑な手続きは省略され、手数料もかかりません。

ちなみに、契約を自動化するブロックチェーンを「スマートコントラクト」といって、イーサリアムが採用している技術です。これに関してはまた別の記事で

仮想通貨を買うということは、ブロックチェーンに投資するということ

ブロックチェーンは無数に存在し、仮想通貨はそれぞれのブロックチェーン技術を採用しています。仮想通貨を買うということは、ブロックチェーンに投資するということなのです。

仮想通貨を買う場合は、その銘柄がどんなブロックチェーンを採用しているのかを調べ、実用化するかどうかを見極めましょう。伸びる銘柄は実用的なブロックチェーンを使っているのです。

もっと深く知りたい方はこちらをどうぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です