おすすめアニメ 「カウボーイビバップ」~中年のけだるさ漂う名作~

こんにちは。ばんばんです。

以前「サムライチャンプルー」をご紹介しましたが、同じ監督の作品があるのでそちらについても書きます。

「カウボーイビバップ」という作品です。こちらのほうが有名かもしれませんね。

カウボーイビバップってどんなアニメ?

2071年の火星を中心とした太陽系を舞台に、おんぼろ宇宙船「ビバップ号」に乗って旅する賞金稼ぎのスパイク・スピーゲルら乗組員の活躍を描くSFアニメ作品である。粋な台詞回しやクールな映像などが特徴。本筋はハードボイルドタッチだが、話数によってテイストが異なり、サスペンスやホラー、メカアクション、ドタバタコメディ、サイバーパンクなど振り幅が大きい。『ビバップ』というタイトルどおりジャズを始め、ブルース、ロック、テクノなど多彩なジャンルの音楽をBGMとして使用し、その独特の世界観と相まって既存のSF作品になかった特異なスタイルを築きあげた。

出典 Wikipedia

 

有名なオープニングはこちら

この作品も登場人物がかっこいいのでご紹介します。

スパイク

主人公です。ジークンドーの使い手で、左目が義眼です。

普段はけだるそうな態度をとっていて、もじゃもじゃ頭と長身が特徴的です。

「レッド・ドラゴン」というマフィアに所属していましたが、脱退。公には死んだことになっています。「スパイクに狙われて生き残った賞金首はいない」と有名になっているくらい凄腕の賞金稼ぎです。

過去が謎に包まれていて、作中で少しずつに明らかになっていくのも見どころです。

ジェット

スパイクの相棒です。賞金稼ぎになる前は警察でした。ある事件をきっかけに退職、その後の事件で左手が義手になります。

スパイクとは対照的に筋骨隆々としていますが、几帳面で料理を得意としています。ビバップのメンバーでは唯一の常識人です。

フェイ

ヒロインです。イカサマ師の過去もある賞金稼ぎです。若く見えますが、実年齢77歳。

事故で大けがを負い、冷凍保存されていたという過去を持ちます。その治療費が莫大な借金となり、金に異常な執着を見せます。あの林原めぐみさんが声優です。

黒髪短髪、巨乳、享楽的な性格と、どれをとってもばんばんの好みです。1994年生まれということなので、年下なのが残念。ばんばんは年上好きなのです。

エド

中性的な外見ですが、女性です。13歳にして「ラディカルエドワード」の異名をとる天才ハッカーで、賞金首の情報を集めるのは彼女の仕事です。ある王国(?)の跡継ぎで、父と再会したことをきっかけにビバップ去ります。エドが出ていく話は個人的には好きです。

カウボーイビバップの名言

「カウボーイビバップ」は子供向けアニメとは思えないセリフがいっぱいです。

  • 「さぁ、君も人生棒に振ってみないか?」
  • やはり人間、汗水流して働かないといけない
    楽して儲けようとか、人の上前を撥ねて生きていこうとかいう人間には
    いつか天罰が下るのであるそれが教訓なんだが、教訓をすぐ忘れるのも人間の特徴の一つだ
  • 「私は自分で生き方を決めたかったの…たとえそれが間違ってたとしても。」
  • フェイ  「昔の女が今でも自分のこと考えているなんて大間違いよ」
    スパイク「女がみんな自分と同じだと思ったら大間違いだぜ」

まとめ

「カウボーイビバップ」はこんなアニメ

  • 名言がいっぱい
  • 登場人物の過去が面白い

その他にも魅力はあります。ぜひみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です