本当に会社員は安定なのか 会社員でいるほうが不安な件

こんにちは。ばんばんです。

ぼくは独立を目指して小説を書いたり、ヤるサロンのような活動に参加しています。

最近はフリーランスやブロガーの方の知名度が上がり、「雇われない働き方」が注目されています。

安定しているけど退屈な会社員」VS「不安定だけど自由で楽しいフリーランス」みたいな構図で、SNS界隈で論争が起こっています。

今日はそんな風潮に対して思うことを書いていきたいと思います。

そもそも会社員は安定しているのか

まず言いたいことはこれです。

会社員は安定しているし、将来も保証されている。わざわざ独立するなんてばかだ

といった意見が主流みたいですね。少なくとも僕の家族や友人はそういった考えでいます。

本当にそうなのでしょうか。ぼくは会社員でいるほうが不安です。

会社員の不安なところその① いつ会社がつぶれるかわからない

よっぽどの大手ならともかく、ぼくのように中小企業で働いていると、いつ会社がつぶれるかわかりません。

ぼくがお客様に貢献したところで、会社が経営方針を間違えば簡単に破綻するでしょう。

「フリーランスはいつ食えなくなるかわからない」ということを根拠に独立に否定的な人がいますが、会社員だっておなじです。

明日から会社がなくなる、という極端なことはないと思いますが、一年後も経営が順調であるという保証はどこにもないです。

ぼくが勤めている旅館は稼働率94%の人気旅館ですが、役員は「今年もなんとか利益が出そうだ」といっています。(旅館、ホテルの平均的な稼働率は50~60%だといわれています)

年中満室の旅館でさえ、必ず利益を出せるという保証はないのです。それくらい経営というのは難しいのです。(やったことないけど)

「会社員は安定」といっている人たちは、「会社がつぶれない」という前提でいます。そもそもそれがおかしな話ですね。

会社員の不安なところその② いつクビになるかわからない

こちらの理由のほうが現実的ですね。

会社がつぶれない=雇用が守られる」ではないのです。

現在人間がしている仕事のほとんどは、近い将来に人工知能やロボットにとってかわられます。

AIやロボットは初期投資だけで人件費もいらず、残業も休日出勤もさせられます。あなたが経営者だったら、人間とロボットのどちらを使いますか?

「接客業はなくならない」といわれていましたが、飲食店の注文をタブレットだけで行う店も増えてますよね。

「攻殻機動隊」に出てきた芸者ロボが実用化されれば、僕のような仲居業も危ないです。

コンピューターが融資先をはじき出してくれるので、銀行マンの仕事も危ないといわれています。

「メガバンクに就職したから生涯安泰」ではないのです。

会社員の不安なところその③ やりたい仕事ができなくなる可能性がある

ぼくは接客業が好きなので、旅館の客室係をやっています。

うちの旅館は客室係のほかに清掃とフロントの部署があり、正社員は数年で異動があります。

どんなに優秀な仲居だったとしても、辞令一つで他部署に飛ばされるのです。

「好きな仕事ができなくなる可能性がある」というのは、会社員最大の欠点だと思います。

ぼくは異動を宣告されたら即辞表を出すつもりでいます。

まとめ

会社員の不安なところは

  • いつ会社がつぶれるかわからない
  • いつクビになるかわからない
  • 好きな仕事ができなくなる可能性がある

です。フリーランスは不安定ですが、生き方を自分で決められるので、上に挙げたような不安はないはずです。

僕は会社員でいるほうが不安です。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です