本を読むならこんな風に 年間100冊読むばんばんが教える読書の始め方

こんにちは。ばんばんです。

「読書って難しそう」「本を読みたいけどどんなものを読んでいいかわからない」そういう方も多いと思います。

今日は読書初心者の方、これから読書を始めようとしている方のために、ぼくなりのコツや読書法をお伝えしたいと思います。

よかったら参考にしてください。

読書のすすめ① どんな本を選ぶべきか

まず、どんな本を選ぶべきなのかについて。

人によって読むジャンルは変わりますし、強制されて読むのはよくないですが、ぼくからの提案が一つあります。

薄い本を読めということです

薄い本とはBL本のことではありません。ページ数が少ない本ということです。

読書になれていない方だと、内容が面白くても分量が多いとしり込みしてしまいます。

ぼくは大学時代からほぼ毎日本を読んでいますが、ずっしりした分厚い本はけっこう疲れます。

↓こんなやつ

出版社や出版した年によって一ページ当たりの文字数が違いますが、200ページ前後のものから始めると読みやすいかなと思います。

歴史小説やSF小説も、単行本で何巻も続く長編もあれば、文庫本一冊で終わる中編もあります。

そういったものから始めると読書への抵抗感もなくなります。

読書のすすめ② 読み方

いざ読み始めるときもコツがあります。いくつかに分けて紹介します。

ドッグイアーをしよう

本を読んでいると、面白いと思ったページがあります。どんなに退屈な本でもあります。

そのときはページの端を折っておきましょう。そうすると犬の耳みたいになりますよね。これがドッグイアーです。

ぼくはドッグイアーしまくるのでこんな風になってます。

なぜドッグイアーするかというと、再読するときに「ここはおもしろいところだ」と分かりやすくするためです。

ブログなどで本から引用するときにも探す手間が省けますね。

印象的な文には線を引こう

面白いページもあると思いますが、印象に残った文もあるでしょう。そういう文章に出会ったら線を引いておきます。

受験勉強などで重要な用語にマーカーを引いたりしましたよね。あれと同じことを読書でもしてみましょう。

ぼくは大学時代は

  • 面白いと思った文→青
  • 意味が分からなかった文→赤
  • 人物名や地名→緑

という感じで色分けしていました。現在はめんどくさくなったので全部赤にしています。

これもドッグイアーと同じで、再読するときや引用の際にわかりやすくするためです。

ドッグイアーもそうなのですが「前読んだときはここに感動したのか」とわかるようにすることは重要です。

前回の読書では面白いと思ったところが、今回はつまらないと思った、ということはよくあります。もちろんその逆も。

自分が成長しているからです。読む本は同じでも、自分が変わっていると見え方が変わってくるのです。それをわかりやすくするためにも、ドッグイアーと線引きで目印をつけておきましょう。

 

読書のすすめ③ 何回読むべきか

ドッグイアーと線引きの話で気づいたと思いますが、「同じ本を何度も読む」ということが前提になっています。

古典作品や世界の名作と呼ばれるような小説は何度も読まなければ理解できません。

特に小説はそうです。昔は娯楽が少なかったので、小説も多読に堪えうるようにできているのです。

理想は百回読むことです。僕は一年のうちで同じ本を何度か読むことがあります。いい作品は読むたびに新しい発見があります。これが読書の醍醐味です。ビジネス書や自己啓発の本でも同じでしょう。

読書のすすめ④ 作者を知ろう

これは小説に当てはまることなのですが、面白い本に出合ったら作者のことを調べてみましょう。

たとえばドストエフスキーは「賭博者」という作品を書いています。ギャンブルの話です。

ドストエフスキー自身もギャンブルで借金を作った経験をしており、それをもとに「賭博者」は書かれています。

こういった情報を知ってから再読すると、見え方が変わってくるはずです。

「作者も含めて作品」ということです。名作に出会ったら作者のことを調べましょう。

読書のすすめ⑤ 一日にどれくらい読むべきか

読書を始めたばかりのころは、一度にたくさんは読めないでしょう。

それでも最低30分、ページ数でいうと30ページは読みましょう。

なぜこの数字を持ち出すかというと、勉強で最初の30分を乗り切れば集中力が高まるというデータが出ているからです。

ぼく個人の経験則ですが、この理屈はおそらく読書にも当てはまります。

最低でも30分は読まないと、内容が頭に入ってきません。1分で1ページとして30分で30ページを目安にしましょう。

慣れてくれば1時間くらい読めるようになります。そうなれば読書が習慣化してきた証拠です。

まとめ

読書を始める際のコツは以下の通り。

  • 薄い本(BL本ではない)からもう
  • ドッグイアーと線引きをしよう
  • 作者のことも調べてみよう
  • 同じ本を何度も読もう
  • 最低30分は読もう

以上です。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です