いらないものリスト

こんにちは。ばんばんです。

今ブロガー界隈で流行のいらないものリストをぼくも作ってみました。いくつかの項目に分けて公開していきます。

物質編

テレビはいらない

今の家に引っ越して三か月がたちますが、テレビの電源を付けたのは10回以下です。

「モヤモヤさまぁ~ず」という番組が大好きなので、そのためだけにおいてあります。

客商売なので日曜日は休めないので録画がたまるばかり。調べてみたらネットで見られるのでもういりません。

売ったらそれなりのお金になるので、新しいアイパッドを買うお金にしようかなと思っています。

携帯電話はいらない

ぼくはワイモバイルでアンドロイドとポケットWi-Fiを契約していますが、アンドロイドのほうはほとんど使いません。

アイパッドをWi-FiにつなげばブログもFacebookもできるので、月3000円払う価値はぶっちゃけないです。新幹線に忘れてしまい、手元にありませんが全く不便しないです。

格安SIMにするか、もう携帯電話を破棄しようかなと思ってます。身内が倒れたぐらいの連絡じゃないと電話もしたくないし。

スーツはいらない

ヤるサロンの飲み会でフリーランスの方々とお会いしたのですが、皆さんスーツを持っていませんでした。「就活の時のやつが残ってるかな」ぐらいのレベルです。

「スーツ=サラリーマン文化の象徴」とすると、彼らは古い働き方から自由になっているんだなと実感しました。

ぼくはネイビーとグレーのスーツを1着ずつ持っていますが、仕事で着る機会はありません。こちらも捨てようかと思ってます。礼服だけあれば事足ります。

腕時計はいらない

仲居の仕事になってから腕時計もしなくなりました。出かけるときもアイパッドか駅の時計で確認します。

腕時計も社会的地位を表す役割しかないので、時間を見るだけならいらないです。

捨てるのはもったいないので売って少しでもお金にしようかなと計画中です。

腕時計もスーツも、身に着けることで自分を縛っています。他人の視線を意識するからですね。

エアコンはいらない

もう8月も終わりますが、この夏は一度も冷房をつけませんでした。扇風機で乗り切りました。

というわけでエアコンも不要です。冬が問題ですが、厚着と断熱シートで乗り切ります。光熱費カット!

クラウドソーシングはいらない

物質ではないですが、クラウドソーシングで稼ぐのも限界を感じています。

単価は低い。作品は他人の資産になる。時間は奪われる。

クラウドソーシングの時間をブログに費やしたほうがいいような気がしてきました。

副業で稼ぐなら、フリーランスの方と仕事をしたほうがいいです。お金も信頼も得られて未来につながります。

メンタル編

依存はいらない

やや難しい言い方になりますが、依存もいりません。依存とは他者への依存、物質への依存などです。

「あの人に嫌われたくない……」

「お金が無くなったらどうしよう……」

こういった不安はすべて依存から生じます。

ぼくは客商売なので「お客様に嫌われたらどうしよう……」という不安があります。

相手のことを考えるのは大切ですが、いきすぎると依存となり、自分の意志で生きられなくなります。

「嫌われても死なない」

「お金がなくても死なない」

と思えれば依存しなくなり、自由に生きられます。

怒りはいらない

ここ数か月で怒りや憎しみという感情が少なくなりました。

どんなに相手が悪かったとしても、怒って損をするのは自分です。道徳的な問題ではなく、損得勘定で考えると怒りという感情はいりません。

人間関係編

恋人はいらない

恋人はいりません。好きな人がいないからです。

「恋人がいない=劣っている」という図式のもと、恋人づくりに必死になってる人がいます。

それは相手を自分を高める物としてみている行為です。

恋人ができるとお金がかかるのも問題です。交際費もかかるし、時間も奪われます。

そこまでしてでも付き合いたいと思う人がいれば、恋人になってほしいです。いまのところいないので恋人も不要です。

母親はいらない

誤解を恐れずに言いますが、母親もいりません。

母はぼくが転職するときに意味不明な理由で反対し、電話をかけてきて泣きわめいていました。

ぼくは24歳です。自分の意志で生きています。今回の転職も自己責任でしています。これからの生き方もそうです。

「母親だから」「心配だから」という理由で人のやることに干渉してくるような人間は、実の親だろうと不要です。

職場の飲み会はいらない

職場の方は好きなのですが、飲み会はやりたくありません。

仕事が終わるのは9時過ぎで、翌朝は5時半には起きます。

仕事の後の飲み会は行きたくないし、休日でも副業を優先したいです。

まとめ

いらないものリストを作ってみたら、結構たくさんありました。全部捨てればかなり生きやすくなると思います。

みなさんも作ってみましょう。

 

 



あわせて読みたい

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です