おすすめ小説 「ロボット」~科学文明に警鐘を鳴らす~

こんにちは。ばんばんです。

みなさんは「ロボット」という言葉を知っていますよね。漫画や映画に出てくるあれです。

その「ロボット」という言葉を初めて作った作品を知ってますか?

 

カレル・チャペック 「ロボット」

「ロボット」という言葉を初めて使ったのは、チェコの作家カレル・チャペックです。

彼は「R.U.R(Rossumovi univerzální roboti)」という作品の中でロボットという言葉を使い、それが日本まで伝わっています。

あらすじ

物語は「ロッサム万能ロボット製作所」に関するものです。

この会社では人間の労働力を肩代わりする人造人間(ロボット)が作られていました。そのおかげで暮らしは楽になり、物価は安くなっていました。

ロボットが働いてくれるので人間は指一本動かさなくてよい生活を送り、子供が生まれなくなっていきます。

ある日ロボットが反乱を起こします。「ロッサム万能ロボット会社」はもちろん、世界中がロボットに乗っ取られてました。ロボットを人間に近づけるために魂を授けたからです。

歳月は流れ、ロボットは絶滅の危機に瀕していました。唯一生き残った人間であるアルクイストは、ロボットを救う神として崇められていました。

実際には彼にそんな能力はなく、老いと孤独にさいなまれるだけ。そこに「ロッサム万能ロボット製作所」で作られた最後のロボットが二体やってきます。彼らを解剖すれば人工生命の秘密が解き明かされるかもしれないというと、ロボットたちはかばいあいます。二人の間に愛を見出したアルクイストは「最後のアダムとイブ」として祝福します。

チャペックは「ロボット」でなにを伝えたかったのか

「ロボットが人間に反乱を起こす」という話はよく聞くと思いますが、チャペックが最初だったんですね。

チャペックの作品はSFの古典的傑作といわれることが多いです。

彼は、「科学文明の発達が必ずしも人間を幸せにするわけではない」という考えのもとで作品を発表していました。

他の作品でも、科学文明に警鐘を鳴らす内容のものが多いです。

「ロボット」の最後の場面は聖書のオマージュとなっており、科学が原因で滅んだ人間に最後の希望を残しています。

科学文明を考えるうえで参考になる作品

チャペック以外でもこのテーマは扱われています。

攻殻機動隊

いわずと知れた名作アニメです。

「ロボット」の中でも「ロボットを人間に近づける」というテーマが扱われています。

「攻殻機動隊」でも「人間とロボットの境界線は何か」という問いが扱われ、技術が発達した未来での人間の存在を考えさせられます。

これからの時代は人工知能やロボットが人間と共存するようになってきます。

「人間とは何か」「科学文明で幸せになれるのか」という問題はだれもが考えるべきことです。

まとめ

「ロボット」はこんな作品

  • 「ロボット」という言葉を初めて使った
  • 科学文明に警鐘を鳴らした
  • これからの時代は必読の書

以上です。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です