おすすめ映画 スティング ~痛快などんでん返し!~

こんにちは、ばんばんです。

今日は「スティング」という映画をご紹介します。

 

スティングってどんな映画?

『スティング』(The Sting)は、1973年公開のアメリカ映画。製作会社はユニバーサル・ピクチャーズで、監督はジョージ・ロイ・ヒル。アメリカン・ニューシネマの代表作『明日に向って撃て!』で共演したポール・ニューマンとロバート・レッドフォードが再共演を果たし大ヒットした。
1936年のシカゴを舞台に詐欺で日銭を稼ぐ1人の若者が、親同然の師匠を殺害したギャングに復讐するために伝説的な賭博師と協力し、得意のイカサマで相手組織を徐々に追い詰めていく様を軽快に描いたコメディ映画。信用詐欺(コン・ゲーム en:Confidence trick)を扱った代表的な映画である。

出典 Wikipedia

内容はいくつかの章に分かれており、徐々に敵を追い詰めていく過程が描かれます。

なんといってもロバート・レッドフォードとポール・ニューマンがかっこいいです。

英語ですが予告編

ロバート・レッドフォード

ロバート・レッドフォードは詐欺で生計を立てる若い詐欺師を演じます。

男が惚れるといった感じで、無鉄砲ですが情に厚い役柄を見事に演じ切っています。

本筋とは関係ないですが作中で彼はさまざまなスーツを着こなしています。

やっぱりいい男にはスーツが似合いますね。

ポール・ニューマン

いぶし銀という言葉がぴったりのポール・ニューマンは、伝説のばくち打ちを演じています。ひょうひょうとした態度で相手をいら立たせて、華麗なイカサマで勝利をおさめます。

わざとだらしない恰好をして敵の親玉をからかいつつ、ポーカーで負かしてしまいます。

主演の二人は「明日に向かって撃て!」でも共演している名コンビですね。

「スティング」は結末がすごい

この映画はオチが秀逸なのです。僕は観ていて全く予想がつきませんでした。胸がすくような終わり方です。脚本家には脱帽ですね。

まとめ

「スティング」はこんな映画。

  • ロバート・レッドフォードとポール・ニューマンがかっこいい
  • 結末に騙される
  • 胸がすく

以上です。この映画を見るとポーカーをやりたくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です