大企業から中小企業に転職したばんばんが語る、それぞれのメリットとデメリット

こんにちは。ばんばんです。

プロフィールにも書いていますが、僕は新卒で入社した大企業を一年で退職しました。

その後熱海の旅館に転職して今に至ります。

最初の企業は社員2000人を超え、関東だったら誰でも知ってる紳士服メーカーでした。

今の会社は従業員は100人ほどです。

今日の記事では、大企業と中小企業の違いや、それぞれのメリットとデメリットを書きます。転職を考えている方や、就職活動中の学生は参考にしてください。

大企業のメリット

福利厚生が充実している

大企業のメリットといえばまずはこれですね。

最初にいた会社は

  • リゾート施設優待
  • プロ野球の試合の招待
  • 商品をほぼ原価で社販できる(売値の半額以下)
  • 家賃補助(従業員負担は15000円で、水道代光熱費も会社がもってくれる)

などの福利厚生がありました。とくに家賃補助に関しては助かりましたね。水道光熱費まで出してくれるのはありがたい。

ぼくが最初に勤めていた会社は業界内では給料も低く、ほかの大手に比べると待遇も悪いとされていました。

それでもこれだけやってくれるのだから、大企業の力はすごいですね。

ボーナスがちゃんと出る

これも重要ですね。

中小企業はボーナスが出るかどうかが分かりません。少なくとも、僕が今いる会社はそうです。出たとしても数万円です。

大企業は新入社員でもボーナスを出してくれます。初めてボーナスをもらった時は入社二か月でしたが、7万円くらいもらえたのを覚えています。

少ないと思うかもしれませんが、それでも中小企業にくらべればマシです。実績もない新入社員ですよ?

冬のボーナスはちょうど給料一か月分もらえました。もっとたくさんもらえるところもあるでしょうが、今の会社に比べるととまだよかった方だなと思います。

社会的信用がある

ぼくは就職活動が終わった当初、周囲の人に称賛されました。

「うまくいったね!」

「優秀だね!」

大企業に採用される=優秀or信頼できる人という構図はまだ残っています。今後十年以上は続くでしょう。

それがいいことなのかどうかは別として、ローンを組んだりお金を借りたりする際に有利になるのは間違いないですね。

これはどの大企業でも同じだと思います。

大企業のデメリット

続いて大企業のデメリットを紹介します。

転勤がある

最たるものはこれですね。大企業に入ると、生活を人質に取られます。

ぼくは入社一か月半で転勤しました。辞令を渡された二日後に引っ越しということで、仕事が終わった後に荷造りをしていました。

中には一か月に一回は転勤させられる人もいましたね。会社の駒です。

いつ飛ばされるかわからないという恐怖を抱えながら働くのは不健全です。転勤が嫌なら大企業はやめましょう。

だれが責任を取るのかわからない

会社に限ったことではないですが、組織が大きくなると責任の所在があいまいになります。

業績が振るわないのはだれが原因なのか、よくわかりません。小売業だと店舗単位で営業をしますが、各店舗の上にエリアマネージャーがいて、その上にゼネラルマネージャーといった上級職がいます。

店舗の業績が悪いのは店長の責任

店長を教育できないエリアマネージャーの責任

エリアマネージャーを教育できないゼネラルマネージャーの責任

というように、だれが悪いのかがはっきりしないまま仕事が進んでいきます。なぜか一番立場の弱い平社員が怒られることになるのは想像に難くないですね。

 

中小企業のメリット

続いて中小企業の話に入りましょう。

転勤がない

中小企業のメリットの最たるものはこれですね。安心して生活できます。

ぼくが勤めている旅館は姉妹館への異動がありますが、熱海市内なので転居はありません。

トップとの距離が近い

ぼくは日常的に常務と話をして、意見があった場合は聴いてもらうことができます。

大企業では上層部と顔を合わせることなんてまずないので、意見を取り入れてもらうことなんて不可能ですよね。

役員は経営方針のことも話してくれるので、会社の方向性もわかります。大企業にいるとある日突然新規事業が始まる、ということもありますね。

中小企業のデメリット

つづいてデメリットです。

ボーナスが出ない可能性がある

うちの旅館は稼働率94パーセントを超える旅館ですが、女将は「冬のボーナスはなんとか出してあげられそうです」と語っています。

先輩社員に聞くと、ボーナスの額は数万円らしいです。副業をやった方が稼げますね。

給料も大して高くはないので、金銭面で中小企業に期待するのはやめましょう。

いつつぶれるかわからない

いきなり経営が傾くということはないですが、大企業に比べてつぶれる可能性が高いのは否めません。社会的信用も、大企業よりは劣るでしょう。

中小企業に就職するなら、転勤がないというメリットを活用して副業やイベント運営などをしたりすることをお勧めします

まとめ

大企業と中小企業最大の違いは「転勤の有無」だと思っています。(それ以外は大して変わらないというのが私見)

ぼくは休日にはイベントに参加することが多いのですが、大半は東京で行われます。熱海から東京は遠いですがいけない距離ではないです。いつ転勤するかわからない大企業だったらこうはいきません。

中小企業と大企業のメリットとデメリットを把握して、自分に合った就職先を選びましょう。

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です