副業をやりたいならライティングがおすすめ!

こんにちは。ばんばんです。

最近は在宅ワークや副業が流行っているみたいですね。ぼくもライティングのお仕事をしていて、月に1~3万円くらい稼いでいます。

今日の記事では、副業としてライティングを始める際の注意点などを書きます。

副業ならライティングがおすすめ

副業を始めたいなら、僕はライティングをおすすめします。

副業にライティングをおすすめする理由その① 誰でもできる

クラウドソーシングのサイトを見ると、プログラミングやデザインなど、専門性の高い仕事の案件が多いです。

これらは適性のある人が教育を受けてようやく仕事にできるものです。

ライティングは「文章を書く」という日常的な行為なので、だれでもできます。

プロのライターや作家になるなら別ですが、ブログやレポートの代筆くらいなら素人でもできるでしょう。少し練習してうまくなれば、単価の高い案件に挑戦することもできます。

読書が趣味だったり、ブログを運営していたりするなど、文章に親しんでいる人ならなおさらです。ぜひ挑戦してみましょう!

副業にライティングをおすすめする理由その② 勉強になる

レポートやブログの代筆をする場合、テーマに関して調べなければなりません。

たいていは知らないことを書かされます。実績がないうちは特にそうなります。

ぼくが今まで書いた分野は以下の通りです。

  • 美術教育の問題点
  • 環境問題
  • カタルーニャの独立について
  • FX
  • 国体について
  • 原発問題
  • 自己啓発
  • VR動画のレビュー
  • アベノミクスについて
  • 美容、エステサロンについて

などなど……。僕は文学部出身ですが、文学に関する依頼は一度も受けたことがありません。(小説執筆は別)

「自分の好きなことだけ書きたい」という気持ちはよくわかりますが、ある程度の覚悟は持ったほうがいいです。

僕のように専門性の高い勉強(文学部の創作系学科)をしてきた人なら、知らない分野を調べて書く能力は必要になります。

「めんどくさそう」なんて思わないで、前向きにとらえましょう。

上に挙げた例でいうと、カタルーニャや国体、FXに関しては、代筆するためにかなり詳しいことまで調べました。

おかげで見識が広がり、日常生活でも話題の種になっています。こうやってブログに書くことで実績にもなります。

逆に言うと、好奇心旺盛な人ならライティングに向いているということですね。

常に新しい知識を求めてワクワクしているという人はぜひライティングを始めてみましょう。

副業としてライティングをする際の注意点その① 単価には気をつけろ

続いてライティングをする際の注意点について話します。

ライティング業務は、「一文字〇円」という料金設定になっていることが多いです。

相場としては一文字1円、最低でも一文字0.8円はもらうようにしましょう。クラウドソーシングのサイトを見ていると「1000文字300円」とかいう案件がありますが、消耗するだけです。

ぼくは依頼を受けたときは必ず一文字1円という条件を提示し、安すぎる報酬の場合はお断りしています。低単価な依頼を受けるくらいなら、お金にならなくてもブログを書いてた方がよっぽどいいです。

先に挙げたように、ライティングはだれでもできる仕事なので、このように価格競争が起こります。高単価な案件を受けるためにも、確かな技術を身につけましょう。

副業としてライティングをする際の注意点その② 手数料を考えろ

これはライティングに限ったことではないのですが、クラウドソーシングのサイトを介して仕事をする場合、報酬から手数料が差し引かれます。

20パーセントくらいが相場ですね。1000円の報酬だったら手取りは800円になります。金額が高くなるほど差し引かれる額も増えるので注意しましょう。

「10000字書いたから10000円ゲットだぜ!」

とかいってると痛い目を見ます。

手数料を取られない方法

報酬をすべて手に入れるためには、依頼者と直接やり取りするしかないですね。

クラウドソーシングのサイトでは、サイト外に誘導するような行為(メールアドレスを教えるなど)は禁止されており、運営に見つかった場合アカウント停止などの処罰を受けます。

サイトを介さないで依頼を受けられるのは、プロのライターか、ブログなどほかの媒体で実績と知名度がある人です。

仮に直接のやり取りができたとしても、納品だけして報酬がもらえない(いわゆるバックレ)ということがあり得ます。ぼくもいちどやられました。

サイトへの手数料はバックレを防ぐための保険料と考えましょう。

ライティングをするならこのサイトがおすすめ!

早速ライティングを始めたいという方は、クラウドソーシングのサイトに登録しましょう。

「ランサーズ」「ビズシーク」などが有名ですが、ぼくは「ココナラ」をおすすめします。

ライティングをする人にココナラをおすすめする理由

ぼくはランサーズにも登録していますが、高単価な案件がそろっているのはココナラです。

ランサーズは「1000文字250円」というひどい案件がたくさんあります。

ココナラはぼくの印象だと最低でも一文字0.7円くらいはもらえます。一文字1円以上の優良案件もたまにあります。

依頼者との連絡を取るシステムも整っています。(ランサーズは提案したりするのがめんどくさい)

注意点としては、案件の数は少なめであることです。仕事の数ならランサーズのほうがいいですね。いい案件を探す自信があるならランサーズを使ってみてください。

ココナラの公式サイトはこちら→https://coconala.com/

みなさんもライティングで副業を始めてください!

 

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です